RSS

カテゴリー別アーカイブ: Support

Vertical Address Scripting —宛名の縦書き—

Happy Halloween!Happy Halloween!

今年も10月となって、残す所あとわずかなんて台詞が聞こえてきますね。
そこで、年賀状シーズンへ向けたTipsを1つご紹介します。

MicrosoftのWordをはじめ、宛名印刷用のソフトウェアは非常に沢山あります。DirectSmileもバリアブル印刷用のソフトウェアですので、当然宛名印字も得意機能の1つです。

基本的には住所などの宛名表記をする際は、住所番号には漢数字を使用することが推奨・礼儀であるとされています。ですので、データベース上で漢数字への変更をされた場合には、縦組みテキストフレームへのバリアブル設定方法のみお読みください。
英数字を含む住所を縦組みにて表記されたいという場合は、このTipsに沿って設定を行なって下さい。

縦組みテキストフレームへのバリアブル設定

縦組みのテキストフレームは、Adobe InDesign(日本語版)の機能を使用します。
(アドビヘルプページからテキストフレームの組み方向変更方法紹介ページを参照)

はじめに、新規DSM ジョブを作成し、Adobe InDesign にて新規のドキュメントを作成して保存します。続けて任意のデータベースファイルを読み込ませます。

作業画面スクリーンショット

図1.DSM ジョブ、InDesign ドキュメントを作成し、データベースをインポートした状態

次にInDesign ドキュメントにテキストフレームを作成します。
この時、作成するテキストフレームを従来使用していた「横組み」のテキストフレームから、「縦組み」に変更します。

「縦組み」へ変更するには、InDesign のメニューバーからテキストフレーム設定のアイコンを2 秒ほどクリックし続けるとサブメニューが表示されます。表示されたメニューの中から「縦組み文字ツール」をクリックすると、テキストフレームが「縦組み」へと変更されます。

縦組み文字ツール
図2.「縦組み」への変更

縦組み文字ツール選択状態
図3.変更後のテキストフレームのアイコン

「縦組み」へ変更されたらInDesign ドキュメントにテキストフレームを作成します。

バリアブルテキストフレームの作成図4.縦組みのテキストフレームを作成

作成したテキストフレームにバリアブルタグを記入し、このテキストフレームをブリッジにバリアブル項目として登録します。
注意 : 登録の際に、「フレームのプロパティ」ウィンドウ下部のオプション「Adobe InDesign 出力」と「平体効果をかけられたフレームのプロパティを保存する」に必ずチェックを入れて登録します。この設定をしないと、出力したPDF で縦組みでのテキスト表示が出来ません。

Adobe InDesign出力オプション図5.バリアブルテキストフレームとして登録する

それではInDesign プレビューを確認してみましょう。

InDesignプレビュー図6.InDesign プレビュー

ご覧の様に、バリアブルテキストが縦組みで表示されています。
ただ半角の英数字は90 度右方向に回転して表示されています。これはInDesignの仕様が原因で、初期設定のままでは半角英数字が「縦組み」テキストフレーム内で縦ではなく、横に表示されてしまいます。

次にこの現象を回避するための方法をご紹介します。

「縦組み」フレーム内の半角英数字を縦に表示させる

Adobe InDesign の仕様では、縦組みフレーム内に記述された半角英数字は横に寝た状態で表示されます。これを回避するには、InDesign の機能から「縦中横」という機能を使用します。

ただし、この機能は設定したテキスト箇所全てが横になって表示されてしまうので、バリアブルテキストとして流し込まれるテキストの半角英数字のみに作用させることが出来ません。ですので、「縦中横」機能ではなく、「自動縦中横設定」を使用します。

自動縦中横設定は、「段落」メニューを表示させ、メニュー右上のオプション表示アイコンをクリックすると表示されるサブメニューから選択できます。

段落図7.段落メニューを表示させる(上部メニュー「書式」⇒「段落」)

自動縦中横設定図8.段落メニューから「自動縦中横設定」を選択

自動縦中横設定のウィンドウが表示されたら、「組数字」の桁数を設定します。
これは、連続する文字列として扱う桁数の設定です。
(例:「東京都世田谷区北沢1 – 23 – 456 – 7890」という住所が入力された場合に「3桁まで」と指定していたとすると、「1」と「23」と「456」は連続する文字列として認識されるので、それぞれ縦方向に表示されます。ですが「7890」は4 桁あるので、この制限をオーバーしていると認識され、横報告に「7890」と表示されます。)

組数字3桁まで
図9.自動縦中横設定ウィンドウ

それではプレビューを確認してみましょう。

自動縦中横設定を行ったあとのInDesign プレビュー図10.自動縦中横設定を行ったあとのInDesign プレビュー

設定が反映されましたが、表示結果は変わっていません。

これは、先ほどの自動縦中横設定にて、3 桁という制限を設けたことが主な原因です。というのは、この文字列に含まれる「-」(ハイフン)も含めてカウントされているので3桁をオーバーしていると認識されているためです。

これを回避するには、2 つ方法があります。1 つはデータベースファイルを変更する方法と、もう1 つはDSM のバリアブル割り当て設定で、ハイフンを別の文字列に置き換える方法です。

次に2 つ目のDSM のバリアブル割り当て設定を変更する方法をご紹介します。

まずは、現在の割り当てを編集するためにフィールドの割り当てを表示します。

バリアブル割り当て設定
図11.バリアブル割り当て設定を変更する

フィールドウィンドウ図12.フィールドウィンドウ

ここでは、データベースのレコード内の「-」の前後にスペースキーを入力し、半角英数をそれぞれ独立した文字列として認識させるように変更します。
タブメニューから「公式」を選択し編集を行います。また、このとき、フォーマットは「テキスト」に指定します。

ウィンドウ下の「機能」フォルダ以下のツリー表示メニューから「テキスト内の文字を置き換える」を選択します。

Replace 機能図13.Replace 機能を選択する

Replace(<Field>, “Find”, “ReplaceWith”)という公式が表示されます。
これは<Field>にデータベースの項目名を入れると、そこから“Find”で指定した文字を検索し、”ReplaceWith”に入力した文字列に置き換えるという機能です。

それでは以下のように設定します。

<Field>にはデータベースから住所が入った項目<address>を選択。
“Find”にはハイフン「-」を入力
“ReplaceWith”にはスペース、ハイフン、スペース「 – 」と入力

Replace関数

関数プレビュー図14.入力した結果

設定がおわったら、OK ボタンをクリックして割り当てを終了します。

それでは再度プレビューを確認します。

InDesign プレビュー2図16.InDesign プレビュー

ここでもまだ、未完成です。住所のラストにある「6C」という文字列だけが横に表示されています。これは「C」という文字が半角の英字であるため、「6C」という文字列だけが区別されて認識されているためです。

そこで、再度「自動縦中横設定」ウィンドウを開き、設定を変更します。

原因は以下の設定の中で「欧文も含める」にチェックが入っていなかった為です。
ですので、「欧文も含める」にチェックを入れます。

自動縦中横設定1
図17.自動縦中横設定の「欧文も含める」にチェックが入っていない

自動縦中横設定「欧文も含める」
図18.「欧文も含める」にチェックを入れる

それではInDesign プレビューを再確認します。

InDesign プレビュー3図19.InDesign プレビュー

今度は「6C」も問題なく表示できています。

ただしここでも更なる問題点が発生しました。ハイフンも横から縦に変更されています。
これはハイフンも欧文の文字のひとつなので、先ほどの設定の影響が現れているためです。

この問題は回避できないので、ハイフンを全角のものと置き換えます。
割り当てフィールドを再度開き、”ReplaceWith”で指定した文字列「 – 」を「―」(全ダッシュ)に変更します。

全角のダッシュ
図20.半角のハイフンを全角のダッシュに変更

これで最後にInDesign プレビューを確認します。

InDesign プレビュー4図21.InDesign プレビュー

すべての設定が終了し、縦書きの宛名表示ができました。最後にPDF 出力をしたあとの他のレコードの結果を確認します。

PDF 出力結果

以上のように3 桁までの文字列はひとかたまりで表示されます。
この方法を使用すれば宛名面での縦組みテキストフレームの使用が可能となります。

本来なら3年以上前に思いついた事なので、もっと早く皆様にお届け出来ればよかったのですが、色々あって今年まで引っ張ってしまいました。日本のお客様、長らくお待たせしました:-)

皆さんのお役に立てば幸いです。

 

タグ: , , , , , , , , , , ,

Transformation Grid — 変形グリッド —


アーティスト

今日はDSM-Setのデザインに関するTipsを取り上げます。

DirectSmileでは以下の3種類のフォントが使用出来ます。

      • システム・フォント
      • クリップ・フォント
      • ピクチャー・フォント

いずれのフォントを使用した場合でも、

      • テキストフレーム(赤線で表示されるフレーム)、
      • ピクセル変形グリッド(青線で表示されるグリッド)

が適用出来ます。

また、クリップ・フォントを使用した場合のみ、

      • クリップ変形グリッド(黄線で表示されるグリッド)

が使用可能になります。

今回のTipsはこれらのフレーム、グリッドの機能・違いについてです。
それでは実際のDSM-Setを使って説明しましょう。先ずは、DSM-Setを作成します。

  1. 背景画像を読み込む
  2. テキストフレームを描写する(初期設定でシステムフォントが選択されます)

始めにテキストフレームと、ピクセル変形グリッドの機能・役割についてご説明します。

テキストフレーム

テキストフレームの機能はとてもシンプルです。
フレームの大きさと表示されるテキストの大きさは連動しています。フレームを拡張すればそれだけ表示されるテキストのサイズが大きくなり、逆に縮小するとフレームの大きさに応じて表示されるテキストも小さくなります。

ピクセル変形グリッド

次にピクセル変形グリッドについて説明します。
*ピクセル変形グリッドを表示させるには、ウィンドウ左上のフレーム、グリッドボタンをクリックすることで表示出来ます。

ピクセル変形グリッドを使うと、表示するテキストを変形出来ます。フレームの四つ角、交差するポイントをドラッグしながら動かす事で、背景に合わせて画像を変形(歪める)する事が可能になります。
このフレームを使用すると、テキストのベクトルではなく、画像(フレームにて表示される部分)そのものを歪めるといった効果が得られます。

クリップ変形グリッド

最後にクリップフォント変形グリッドについて説明します。

先ほどと同様、背景を読み込み後テキストフレームを描写しました。フォント・タイプを「クリップ・フォント」に変更しました。
今回は用意したギャンブル用のチップコインをクリップとして使用します。


クリップ用変形グリッド(黄線のグリッド)を選択します。

すると、以下の様に初期設定のグリッドが表示されます。
ピクセル変形グリッドと同様に、グリッドの四つ角や交差ポイントをドラッグしながら動かす事で描写フレームを変形し、奥行きを出したり立体的にするなど描写が可能になります。

ここで、ピクセル変形グリッドと、クリップ変形グリッドの最大の違いをご紹介します。

  • ピクセル変形グリッドはフレーム画像自体に対しての歪みを表現します。
    また、レンダリングにより時間が掛かります。
  • クリップ変形グリッドはクリップフォントのベクトル(クリップを表示するためのパス)自体に対しての変形を行います。ですので、表示されるクリップ自体が変形の影響を受けて歪むわけではありません。つまり、クリップ画像自体は基本的に登録状態と同じ画像が配置されるという事になります。
    また、レンダリング時間はより短いです。

この違いは以下のサンプル画像がご理解頂きやすいかと思います。以下の2つのDSM-Setデザインは、それぞれのグリッドを使用して同様の変形を加えています。

では、より拡大して見てみましょう。

クリップフォントを使用したデザインの場合は、基本的なフレームに対する変形はクリップ変形グリッドで行い、奥行きや立体具合を追加したい場合に更にピクセル変形グリッドを使用して効果を追加するという方法が最適です。

これで出来上がりです!

これらの違いをご理解して頂いた上でデザインを行なって頂くと、よりリアルで処理に適したSetを作成して頂けるかと思います。

以上、今回のTipsでした:-)

 

タグ: , , , , , , , ,

Tips for GMC & DirectSmile

A+B = C

<EN>
Since this blog have being shown quite frequently by “PrintNet T”, “GMC” as searching word. So I’d like to introduce some useful tips for Integration work of GMC PrintNet T Designer and DirectSmile Integration Server.

<JP>
ここ最近のレポートを見ていると、GMC PrintNet T関連のキーワードで訪問して頂いている方が多いようですので、今日は1つGMC PrintNet TとDirectSmile Integration Serverを使用する場合のTipsを投稿します。

How to add a parameter in the request stream image URL
—画像リクエスト・ストリームURLに対するパラメータ追加方法—

<EN>
It is possible to add any additional parameters to the request URL by using “Data Transformer”. This way you can specify the pixel width, or a watermark, etc…

<JP>
Data Transformerモジュールを使用すれば、どんなパラメータでも画像リクエストURLに対して追加する事が可能です。(例:画像のピクセル幅を指定、ウォーターマークを追加、透過PNG画像の取得など)

Use “Stack FCVs” for the Field Converter
—”Stack FCVs”をフィールドコンバーターに対して使用—

Stack FCVs

<EN>
The first step is to select “Stack FCVs” instead of “DirectSmile” in the Field Converter menu. If you select “Stack FCVs”, then you can set a chain of multiple data transformations for one column. Now, click on the 3-dots icon next to the Field Converter selection menu.

<JP>
始めに、”Stack FCVs”をフィールド・コンバーターメニューから選択します。Stack FCVsを適用する事で、データベースの1項目に対して、複数のデータ・トランスフォーメーション・チェーンを設定する事が可能になります。

次にフィールド・コンバーターの隣にある参照ボタンをクリックします。

Create Input
—Input(入力)を作成—

Create Input

Click “Add a converter” icon!
—”Add a converter”アイコンをクリック—
Add a converter

<EN>
We need to select “DirectSmile” as the first transformation.  After you have done so, you can select which DSM-set you would like to use as we mentioned in GMC & DSMI guide manual.

<JP>
先ずは”DirectSmile”を最初のトランスフォーメーションとして選択します。次にどのDSM-Setを使用するのかを定義します。(詳細な方法はGMC & DSMIガイドを御覧ください)

Add a converter

<EN>
Click on the “Add a converter” icon again, and select “String manipulation” as the second transformation.

<JP>
再度”Add a converter”をクリックします。そして、”String manipulation”を2番目のトランスフォーメーションとして選択・追加します。

Concatenation

<EN>
Once you have created the 2nd transformer, you can click on the 3-dots icon.  Select “Concatenation” in the field “Type”, and by doing so be able to add any parameter in the “Suffix” field.

These values are automatically added to the request URL later. In this example, we added a pixel width specification and placed a watermark on the personalized image.

Now click “OK”, and close the data transformer module.

<JP>
2番目のトランスフォーメーションを作成すると、参照ボタンをクリック出来るようになります。参照ボタンをクリックし、String manipulationウィンドウが開いたら、”Concatenation”をフィールドタイプとして選択します。これでPreFixフィールド、SurFixフィールドに対して値を入力出来ます。

これらの値は自動的に画像リクエストURLに対して追加されます。このサンプルでは画像のピクセル幅の指定とウォーターマークの追加をしました。

”OK”ボタンをクリックし、Data Transformerモジュールを閉じます。

Proof
—プルーフ—
Proof

<EN>
As you can see above, this personalized image has a watermark. Let’s see the URL that was sent to DSMI.

<JP>
上記のスクリーンショットに見えるように、パーソナライズド・イメージにウォーターマークが追加されました。

次にこの画像が生成された画像リクエストURLを見てみます。

<EN>
The sub-menu “Data”, located in the “Proof” menu (F6), contains the requested URL into which the additional parameter has been written.  You can also separately find the additional parameter in the requested URL as well.

So you are free to add any parameter! 🙂

<JP>
Proofメニュー(F6)内のサブメニュー”Data”を開くと、実際にリクエストされたURLを確認出来ます。実際の画像リクエストURLに対して、ピクセル幅指定のパラメータと、ウォーターマーク追加用のパラメータが追記されていることがわかります。

この方法でどんなパラメータでも追加可能です。 🙂

 

タグ: , , , , , ,

Internal Error 2203

さっぱりわからん!

[JP]

今日は突然起きた内部エラー2203に対する対処法を書き留めます。

事の発端はDirectSmile Generatorを起動するとRun Timre Errorが発生するという事でした。
一体何が原因でこのエラーが発生したのかは不明でしたが、Generatorの問題と考え、再インストールを試みました。

ところが、アンインストールのプロセス中にInternal Error 2203が発生。これが厄介で、一体どこに原因が有るのかが不明なまま。ひとつひとつ確認していくと、DirectSmileのアンインストール中にはMicrosoft  Visual C++2005と2008のアンインストールも含まれるのですが、どうやらこのプロセス中にエラーが発生している様子。

各Tempフォルダに対するアクセス権限を確認しても一向に問題が見つからない。

最終的に試したのはTempフォルダの中身を全て削除するという方法。これがHitしました。

ちなみにとても役立つコマンドなので、これを記述しておきます。

del %temp% /f /s /q

直ってよかったです:-D

 

[EN]

This topic is one of the most visited “nogtips”, so I would like to add this tips in English as well.

 

It suddenly happened that it cause Run Time Error. Just stat after the DirectSmile Generator.
I was no idea what cause it, but I thought it could be Generator, and tried it again.

But, it cause “Interal Error 2203”, And it was really tricky, that I couldn’t find nowhere that cause a problem.
In a while I’m checking all steps one by one, I saw an error process while uninstalling Microsoft Visual C++2005 and 20008, that come with DirectSmile.

But the problem is that I couldn’t find any problem while I was testing the permission right of each Temp folder.

Finally, I tried to Delete the contents inside of “Temp” folder. And it was the “Hit!!”

 

I thought it was so useful command, let me write it in here,

 

del %temp% /f /s /q

Great that it’s Fixed;-)

 

タグ: , , , , ,

Microsoft SQL Serverが動かない・・・

今日は朝から悩んだSQL Serverのエラーについて備忘録として投稿します。

エラーは以下の通り。(ちょっとだけ改変してます)

The log scan number passed to log scan in database ‘master’ is not valid. This error may indicate data corruption or that the log file (.ldf) does not match the data file (.mdf). If this error occurred during replication, re-create the publication. Otherwise, restore from backup if the problem results in a failure during startup.

ごく簡単に言うと、SQL ServerがWindows Serviceで起動しない。

色々ググってみましたが今ひとつ正解に当たらない・・・
もうSQL Server毎再インストールしちゃおうかなぁなんて思ってたのですが、そこはまぁやっぱり・・・と言うことでまたGoogle先生に再度聞き直し(笑)

最終的にはこの記事に助けられました。先人の知恵は偉大です。ありがとーございます。
http://mywindowsblog.com/?p=638

SQL Serverのインストールディレクトリを圧縮したりすると発生するエラーとの事ですが、いまいち原因は分からず。
そして、ここからがかなり厄介だったのですが、やっとSQL Serverが動いたと思ったらSQL Management Studioからローカルのデータベースにログイン出来ない・・・・(汗)どうやらAdministratorでログインしているのに何故がこのアカウントがロックアウトされている様子。

ここで思い出したのがSupportチームのボス・Oliverさんが教えてくれたロックアウトされた場合のTips。
Single User Modeでアクセスしてなんとかログイン設定を修正。やっとログイン出来たと思ったら、今度はデータベースが全滅・・・仕方ないので.mdfからアタッチして復元。そしたら今度はアタッチ出来ないデータベースが出現。こればかりはどうしようもないなぁと思いつつ悪戦苦闘。結局Dataフォルダから該当する.mdfと.ldfを一旦移動させて、手動で同名のデータベースを作成しました。あとはボスの作ったツールでデータベースをアップデートさせて万事完了!これが出来るデータベースで良かったです。

最後にDSMIを最新版にアップデートしてFinalcheckをして元通り。
あぁ、やっぱりこれはMSのサポートに頼む話であってDSMのサポート案件では無いような気もするんですが。

結論:データベースを使うアプリケーションは必ずバックアップの設定をして、定期的にフルバックアップを取りましょう。ついつい忘れがちですが、これが一番重要ですね。

 
4件のコメント

投稿者: : 2012年4月12日 投稿先 Support

 

タグ: , , , ,

If you need real support :-(

Support Telephone

Unfortunately or sometime fortunately:-) , when you need real DirectSmile support regarding your DSM document template, at the end, it always necessary to check detail setting of your document configuration.

Then please follow below screenshots and upload your DSM document template with Adobe InDesign document file.

Otherwise we cannot support and help you to find out the problem(s).

  1. Transfer document to DirectSmile Online
    20120329-002753.jpg
  2. Enable every option in “Export DirectSmile Document” dialog
    (Especially, you need to enable “Include Afobe InDesign Documents” option!!)
    20120329-002858.jpg
  3. Enter your login credential and upload template on your DSMI
    20120329-002923.jpg

 

Once you uploaded document template which include every used files on your DSMI server, please tell credential information and name of your document to DSM Support Team. Then we can take a look your document;-)

 
コメントする

投稿者: : 2012年3月28日 投稿先 Support

 

タグ: ,